ガイアノーツのプレミアムミラークローム検証

2019年10月17日ガンプラHow to

プレミアム バンダイ

どうも、metyaです!

この前、はじめてガイアノーツの「プレミアムミラークローム」を使ってみました!この塗料・・・凄いですね!

塗装面が、ちょっとしたメッキのような感じになり、キラキラしております。

ガイアノーツさんのHPに、「塗装する前に、下地塗装はせずにコンパウンドで磨いてから使用すると本来の性能を発揮します」とあります。

では、下地処理が苦手な私みたいな場合は、どのように使っていいけば良いのか、ちょっと検証してみました。

上の写真が、プレミアムミラークローム!Amazonで1,619円と容量30mlにしては、ちょっとお高い価格になっております。ガイアノーツのHPでは、「エアブラシ推奨」になっていますね!中身がすでに、希釈されているので、そのままエアブラシで塗装ができます。

検証方法としては、市販のプラ板を使い、Aは「プレミアムミラークロームのみ塗装」Bは「プレミアムミラークローム塗装後にクリアーで上塗り」Cは「黒下地の上からプレミアムミラークローム塗装」の3パターンで行いたいと思います。

表面がツルツルの方が、この塗料の性能が発揮できるとの事なので、下地にはサーフェイサーを使わず、ベース・グレーMAXを使用しました。「MAX塗り」で有名なプロモデラーMXA渡辺さん監修の塗料です。

では、3パターン塗装してみたので比べてみましょう!

まずは、Aのプレミアムミラークロームだけで塗装したものです。

塗料の瓶が、いい感じに写り込んでいますね!下地処理無しでこの写り込みですから、公式HP通りに下地をコンパウンドで磨けば、もっときれいな輝きが出るんじゃないかと思います。

次は、Bのプレミアムミラークローム塗装後に、クリアーを上塗りしたものです。

・・・うん、これは失敗(笑)クリアーを上塗りすれば、ミラークロームの塗装を保護できると思ったのですが、完全にAに比べてボヤケてしまいました(汗)

最後に、Cの黒下地の上からプレミアムミラークローム塗装をしたものです。

おぉ!これはいい!A〜Cの中で一番写り込みが良いです!下地にベース・グレーを塗ったことにより、表面がツルツルになってことで写り込みが良くなったんでしょうね!

検証結果

下地処理が苦手な私は、黒を塗装した上から使用するときれいな写り込みを出すことができる!というこがわかりました。私は、ガンプラしか作っていないので、細かい部品にコンパウンドを使って下処理するのは、かなり面倒・・・・ってか、極力やりたくありません!!

面倒くさがりの私には、Cの方法がお手軽!

残念だったのが、クリアーを上塗りするとボヤケてしまったこと・・・・クリアーがきれいに上塗りできれば、ミラークロームの塗装を保護できた上に、塗装面がさらにツルツルになると思ったんですがね・・・・・

最後までご覧頂き有難うございました。