HG ザクⅡF2(SENTINEL Color)完成しました。

ブログ

プレミアム バンダイ

どうも、metyaです!m(_ _)m

今回は、HG ザクⅡF2をセンチネルカラーにて作成しました。このキットは、発売当初に良キットと話題になっていまして、作ろう作ろうを思っていたのですが、結局積みプラ化していました。

ですが、先日に模型店にて物色しているときに、HGサイサリスのアトミックバズーカのバラ売りを見つけたときに、「ザクに持たせたい!」と思い、作成を開始しました。

キットには、MMP−80 90mmマシンガン☓1 MMP-78 120mmマシンガン☓1 3連装ミサイルポッド☓2 ハンド・グレネイド☓1 ヒート・ホーク☓1が付属しています。標準武装プラス!アトミックバズーカ☓1 ついでにジャイアント・バズ☓1を作成したので、武装豊富になりました。(笑)

今回は、ガンダムセンチネルに登場したザクを作りたかったので、カラーリングを一部変更しています。よく言う「センチネル・ザク」ってやつです!

機体説明

「ザクⅡF2型(後期型ザクⅡ、後期生産型ザクⅡ)は、ザクのバリエーションのうちでも後期に開発されたものである。そもそも、”MS-06 ザクⅡ”は、一年戦争において名実ともに公国軍の主力となったMSであり、グフやドム、ゲルググといった新型機の開発以降も機能向上、設計改善などが加えられ、生産もそれなりの規模で継続されていた。そのため、最終的に多数の機体バリエーションを持つに至った。中でも”Fタイプ”は汎用性が高く、空間戦闘を前提として開発されていながら、重力下での運用にも柔軟に対応出来たため、各バリエーションの中でも最多の生産数を誇る。”F2タイプ”は、そのF型の後期生産型で、地球降下作戦以降の実績データが反映された機体である。設計上の変更点は、当初より指摘されていた胸部装甲の強度改善に伴う仕様変更が大きなもので、外観上も他の同型機との最大の差異となっている。また、統合整備計画の実績と重複する期間に生産された機体でもあり、コクピットや内装品、一分部材のスペックなど、F2タイプそのものにも第2生産型と呼ばれる仕様違いが存在する。F2タイプの基本コンセプトは、機体の軽量化とスラスター推進力の向上などによる機動性の強化を行う事によって、ザクの基本スペックを”対MS戦闘”まで引き上げる事を目的としていたと言われている。それに加え、統合整備計画を経て仕様変更を受けた機体は、既存の機体と比べて操作が簡易で、新兵や学徒動員による兵士などにも歓迎された。また、初期のF型よりも重力下環境への対応能力が優れ、ほぼ無改造で標準的な軍事行動に投入可能であったといわれている。ただし、実際の運用に関しては、公国軍の縦割り構造や補給路の寸断などから思うにまかせず、陥落後のソロモン周辺域やアフリカ戦線などの一部地域、あるいは一部宙域に偏った形でのみ配備されたため、一年戦争中に充分な降下を発揮したとは言い難い側面もある。ところが、ある意味未納品在庫としてバックヤードに積み残されていた機体群は相当数に上り、戦後の公国軍残党の戦力とされた事例が多数報告されている。

ザクの機体系列としては、「ポケットの中の戦争」に登場する”ザクⅡ改(MS-06FZ)の前にあたる機体ですね!

まずは、メイン武装のMMP-78 120mmマシンガン装備!マシンガンのスコープは、メタルパーツとグリーンレンズを使用しています。また、マガジンの裏側の肉抜き部分は、埋めてあります。・・・・写真だと解りませんね(-.-;)

次は、MMP-80 90mmマシンガン装備!このマシンガンは、デカールにて情報量を増やしています。

3連装ミサイルポッドを装備!ミサイルポッドは、キットのものだとミサイルとポッドが一体化しているため、別パーツ化されているHG ザクⅡの物を使用しました。

ジャイアント・バズ装備!機体が後期型ということなので、ザクバズーカよりはジャイアント・バズの方が似合うのでは?と思い、ドムから流用です!これもスコープ部分に、メタルパーツをピンクレンズを使用しました。

アトミックバズーカ装備!いや〜アトミックバズーカかっこいい!砲身部分のディテールアップとスコープにピンクレンズを使用しています。

ノーマルヘッドも作成しました。指揮官機とはモノアイの改修を変えています。

指揮官機=ピンクレンズのみ  ノーマル機=メタルプレート+ピンクレンズ

メタルプレートの有無で、表情が結構変わります。

工作工程!!

メタルボールやメタルノズルを埋め込む部分に穴あけです!

下の画像が、キット付属のミサイルが一体化しているミサイルポッドです。今回はこれは使用せず、ザクⅡの物を流用します。無改造で取り付けられます。

ザクⅡのミサイルポッドは、上にも書いたとおりミサイル部分が別パーツ化しています。

足裏にも、メタルノズルを埋め込みます。

ふんどし下部にあるノズルは、市販パーツを使用し大型化しています。

バックパックのノズルにメタルノズルを追加!胸部の1mmのメタルパーツ埋め込んでいます。

最後に武装一式です!

最後まで、ご覧いただき有難うございました。m(_ _)m

ブログ

Posted by metya