HG 1/144 RX-78-03 G-3GUNDAM [GUNDAM THE ORIGIN Ver.] 完成!

ガンプラ完成, ブログ, 未分類

プレミアム バンダイ

どうも、metyaです!

[3タイプのHGオリジン版ガンダム]の最後です。

プロトタイプガンダム、ノーマルガンダムと同じような内容が、更に増えるかも知れませんが、お許しくださいm(_ _)m

最後は、G3ガンダムです。一般的に知られているG3ガンダムは、グレーと紫の2色のカラーリングですが、個人的にそのカラーリングが好みではないため、3色のグレーを使い製作しました。

G3ガンダムは、小説版の印象が強いでしょうか?小説版だと撃墜されてしまいますよね・・・・

G3の制作にあたり、一番苦労したのが四角モールドにレッドポイントをフィニッシュシートを使用し、ちまちまと貼り付けを行った事ですね(汗)

もうね・・・老眼との戦いでした(;´∀`)

その苦労もあって、レッドポイントがグレーの良いアクセントになったと思います。(はい!自己満足です!)

肩、バックパックの上部に、市販パーツを使いディテールアップしています。

製作工程でぇーす

G3ガンダムは、他の2機の強化版として制作しました。

どの辺が強化版なのかを書いていきますね!

まず、頭部バルカンですが、他の2機より一回り大きいメタルノズルを使い大型化しています。

メインスラスターもメタルバーニアの中に、メタルノズル使用し出力アップを表現しています。丸モールドは開口し、小型スラスター化しています。

ノーマルガンダムと同じように、腰の前と横にスタスターを追加していますが、ノーマルガンダムとは異なり1mm大きいメタルノズルを使用しています。

ふくらはぎの外側に、メタルノズルを埋め込み小型スラスターを追加しています。

肘、膝、かかとの駆動系の丸モールドは。マグネットコーティング処理を施された表現を出したくて、ディテール少なめのエッチングパーツを塗装して取り付けています。

足裏の丸モールド、スラスターはすべて開口し、丸モールドは1.5mmのメタルノズルを埋め込み、スラスターは2つとも3mmのメタルノズル埋め込んでいます。

ビームライフルのスコープは、他の2機と異なり、ピンクのHアイズを使用しています。一度、イエローで組んでみたのですが、ピンクのほうがしっくり来たので、このような仕様になりました。

一番苦労したレッドポイントを貼り付けを行っている写真です。貼り付け前と後では、かなり印象が変わっていると思います。

ここからは、他の2機と同じ内容になってしまいますが、書かせて下さいm(_ _)m

シールドの持ち手部分のディテールは削り落とした後に開口し、メタルボールを埋め込んでいます。

ビームサーベルの持ち手部分に真鍮線を埋め込み、ディテールアップしています。

胴体の横に、メタルボールを埋め込んでいます。

前期型で装着されるショルダーキャノンは、マズルにメタルノズル、スコープにはメタルプレートにピンクレンズ、センサー部分にはメタリックテープの赤を使用しています。

ハイパー・バズーカのスコープは、他の2機と同じで前後にメタルプレートとグリーンレンズを使用しています。

今回は、以上になります。

同じキットを3個も作るなんて高校生以来でしたが、楽しく作れました!

最後まで、ご覧いただき有難うございました。m(_ _)m